社員育成の仕組み

社員育成は役割毎に行うことが重要

「社員」は、企業にとって大切な経営資源であることはもちろんのこと、「社員」をどのように育成していくかは、会社の命運にかかわる重要なテーマです。
企業の今を改善するのも、未来を切り開くのも社員であり、社員一人ひとりの行動と成果の集積が、企業の業績に直結します。
社員のやる気の高さや、相互に協力しあい高め合えるチームワーク、新たなことにチャレンジするための知識や技能の有無が、会社の発展を決めると言っても過言ではありません。
つまり新入社員から経営幹部まで、それぞれの役割に応じた期待成果を上げるために必要となる社員育成を、いかに計画的に継続的に実行できるかが大切です。
⇒社員育成の重要性

社員育成はコストではなく投資と考える

企業にとって社員育成は大変重要な経営課題であることは、ご理解いただけたと思いますが、業績不振になると一番に削られてしまうのが、この育成研修費であることも事実です。 育成研修費を業績不振で削減する企業は、社員育成の費用を「コスト」ととらえています。このような発想をする企業は、業績がよいときはコストをかけますが、そうではないときは、削除の対象として考えます。 しかし、これで果たして企業を発展させる社員育成が実現できるでしょうか。答えは否でうす。 これからの企業は、社員育成を「投資」、それも未来を切り拓く「未来投資」と考えることが大切です。企業の永続は、「社員」によって創られると認識できれば、どのような状況下でも、一定の投資が必要であり、継続しなければならないのが社員育成であることは自明です。

戦略的な取り組みをすべき時

現在の経営を取り巻く環境は、激しさを増すばかりで、常に厳しい競争に企業は晒されています。困難な状況下だからこそ、このような発想が必要であり、社員育成を、戦略的な未来投資としてとらえることが大切です。 激しい環境の変化は、知識や技能の陳腐化を加速しています。過去に学んだことや成功体験が簡単に役立たなくなってしまうのが現代社会です。 いまある業務をこなすための知識や技能を学ぶのではなく、新たな発想でビジネスチャンスを獲得し、企業の未来を切り拓くことのできる社員を育てる「社員育成」が求められています。こちらをご覧ください。
⇒社員育成の重要性については、社員育成のプロが語る!


   

メルマガ登録フォーム

経営にプラスになる時流解説とセミナー案内のメルマガをお送りいたします。


氏名 姓: 名:

メールアドレス

郵便番号 -