社員育成支援の会社について

企業の成長は、社員の成長にかかっているといっても過言ではありません。

 

もっと言えば、社員の成長があってはじめて企業が成長できるのです。

 

採用した社員をどれだけ優秀な人材に育成していくか、その方法はさまざまです。

 

最近では、社内育成だけでなく、社外の育成機関を活用することでより高い効果を上げている企業も数多くあります。

 

では、社外の育成機関を上手に活用するために、具体的にどのようなことに気をつけて選べばよいのでしょうか。まず、外部の機関を選ぶ際のポイントを上げていきたいと思います。

 

最初に行うことは、すべて外部に丸投げするのではなく、まず社内で対象となる社員の層、育成の目的と求める成果を明らかにして、明確な要望を、育成機関の担当者に伝えます。

 

つぎに、育成内容を打ち合わせする際に、研修当日に登壇する講師と事前に面談できるかどうかを確認します。なぜこれが必要かというと、講師と事前に面談することにより、こちらからの意向がどれだけ伝わっているかどうかを確認することができることと、講師の指導の考え方や人間性が自社の社風に合うかどうかなど、相性を判断することができるからです。

 

さらに、社員育成のためにどのような研修プログラムを使うのかを、確認しましょう。

 

会社は、それぞれに固有の育成課題があり、一つとして同じ会社はありませんので、事前にどのような研修が必要かどうかを打ち合わせして、できるだけ、オーダーメイドの研修プログラムを作ってもらえるような会社を、選ぶようにすると安心です。

 

また、社員育成の研修プログラムを実施後に、アフターフォローがあるかどうかも確認しましょう。

 

特に実務に直結する制度の運用・定着を目的とした教育の場合は、制度マニュアルをテキストに入れてもらうようにすると、オリジナルテキストとして毎年継続しての研修することが可能になるので、テキスト制作に協力的な教育機関を選ぶことも大切です。

 

さらに社員育成を支援する会社の選び方について、詳しい情報はこちらをご覧ください。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)